キャンペーン

相続税申告が必要かの判断

相続税の申告は、相続の開始があったことを知った日(死亡日)の翌日から10月以内に行うこととされています。

ただし、すべての相続人等が行う必要はなく、相続税の課税価格が基礎控除額を下回る場合には、申告不要となります。

まず、相続税の課税価格が基礎控除額を上回るか、それとも下回るかの判断が必要となります。

当事務所では、相続税の申告が必要か・不要かに関する税務相談無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

相続税の課税価格が基礎控除額を超える場合には申告が必要です。基礎控除額は3,000万円+600万円×法定相続人の数です。相続税の課税価格の算定は専門家の知識が必要ではないでしょうか。

相続税申告を行う場合の税理士報酬料金価格(12万円~)

相続人等の人数および土地の件数に応じて次式で料金を算定しております。記載金額は税抜表示です。

20,000円×相続人等の人数20,000円×土地の件数(倍率評価する土地を除く)

この計算結果が12万円を下回る場合には最低料金12万円とさせていただきます。

例えば、相続人3人で土地3件のようなケースでは12万円です。

倍率評価する土地は土地の件数から除きますが少々わかりずらいと思いますので、お問い合わせいただければお見積りいたします。