税理士報酬料金価格

※価格は「税抜表示」です。

当事務所では会計ソフトを使用し、データを蓄積していきます。法人や個人事業主の報酬規程では、記帳した仕訳の行数や減価償却資産などの資産の数を「ライン数」と呼び、報酬の算定に用いています。


個人事業主の報酬規程(4万円~)

事業的規模(8万円~)と業務的規模(4万円~)で報酬規定は異なります。

業務的規模は白色申告や青色申告10万円控除を前提としたプランのため税理士報酬は低価格になる可能性があります。

事業的規模は青色申告65万円控除を前提としたプランのため税理士報酬は高価格になる可能性があります。しかし、税金とのトータルで考えると事業的規模がお得になると思われます。

青色申告10万円控除で税額が発生しない方は業務的規模のプランで良いと思われます。

税額が発生する方は事業的規模で青色申告65万円控除の適用を受けることを推奨します。

青色申告65万円控除は複式簿記が前提となりますので事務負担が大きいですが、税金を低く抑えれますので是非がんばりましょう。


事業的規模(複式簿記、青色申告65万円控除など)に該当の方

報酬は次の①確定申告報酬と②給与報酬の合計額とする。

① 確定申告報酬
単価A×仕訳のライン数単価B×資産のライン数
単価Aはお客様記帳の場合80円とし、当事務所記帳の場合160円とする。単価Bは500円とする。 なお、消費税申告がない場合において、上記算式が80,000円を下回るときは、上記算式は80,000円とする(所得の種類が複数の場合には種類に応じて20,000円追加とする)。消費税申告がある場合において、上記算式が100,000円を下回るときは、100,000円とする。 12月31日を算定日とし、年に1回請求する。
価格例毎月報酬確定申告報酬
記帳代行なし
消費税申告なし
確定申告報酬
記帳代行あり
消費税申告なし
確定申告報酬
記帳代行なし
消費税申告あり
確定申告報酬
記帳代行あり
消費税申告あり
仕訳ライン数250件
資産ライン数5件
0円80,000円80,000円100,000円100,000円
仕訳ライン数500件
資産ライン数5件
0円80,000円82,500円100,000円100,000円
仕訳ライン数750件
資産ライン数5件
0円80,000円122,500円100,000円122,500円
仕訳ライン数1,000件
資産ライン数5件
0円82,500円162,500円100,000円162,500円
仕訳ライン数1,500件
資産ライン数10件
0円125,000円245,000円125,000円245,000円
仕訳ライン数2,000件
資産ライン数10件
0円165,000円325,000円165,000円325,000円
仕訳ライン数2,500件
資産ライン数10件
0円205,000円405,000円205,000円405,000円
仕訳ライン数3,000件
資産ライン数15件
0円247,500円487,500円247,500円487,500円
仕訳ライン数4,000件
資産ライン数20件
0円330,000円650,000円330,000円650,000円
仕訳ライン数5,000件
資産ライン数30件
0円415,000円815,000円415,000円815,000円
② 給与報酬
単価C×給与支払者数
単価Cは8,000円とする。その年の1月1日から12月31日を計算期間とし、年に1回請求する。

業務的規模(事業的規模以外、簡易簿記、青色申告10万円控除、白色申告など)に該当の方

報酬は次の①確定申告報酬と②給与報酬の合計額とする。

① 確定申告報酬
単価A×仕訳のライン数単価B×資産のライン数
単価Aはお客様記帳の場合80円とし、当事務所記帳の場合160円とする。単価Bは500円とする。 なお、消費税申告がない場合において、上記算式が40,000円を下回るときは、上記算式は40,000円とする(所得の種類が複数の場合には種類に応じて20,000円追加とする)。消費税申告がある場合において、上記算式が60,000円を下回るときは、60,000円とする。 12月31日を算定日とし、年に1回請求する。
価格例毎月報酬確定申告報酬
記帳代行なし
消費税申告なし
確定申告報酬
記帳代行あり
消費税申告なし
確定申告報酬
記帳代行なし
消費税申告あり
確定申告報酬
記帳代行あり
消費税申告あり
仕訳ライン数250件
資産ライン数5件
0円40,000円42,500円60,000円60,000円
仕訳ライン数500件
資産ライン数5件
0円42,500円82,500円60,000円82,500円
仕訳ライン数750件
資産ライン数5件
0円62,500円122,500円62,500円122,500円
仕訳ライン数1,000件
資産ライン数5件
0円82,500円162,500円82,500円162,500円
仕訳ライン数1,500件
資産ライン数10件
0円125,000円245,000円125,000円245,000円
仕訳ライン数2,000件
資産ライン数10件
0円165,000円325,000円165,000円325,000円
仕訳ライン数2,500件
資産ライン数10件
0円205,000円405,000円205,000円405,000円
仕訳ライン数3,000件
資産ライン数15件
0円247,500円487,500円247,500円487,500円
仕訳ライン数4,000件
資産ライン数20件
0円330,000円650,000円330,000円650,000円
仕訳ライン数5,000件
資産ライン数30件
0円415,000円815,000円415,000円815,000円
② 給与報酬
単価C×給与支払者数
単価Cは8,000円とする。その年の1月1日から12月31日を計算期間とし、年に1回請求する。

税務調査立ち合い(2万円~)

2万円とする。2日目以降の調査がある場合は1日につき1万円を加算する。遠方等により旅費・宿泊代などが発生する場合は、相当額を加算して請求する。


その他の報酬(0円~)

その他の業務につきましては、個別に相談する。事前に相談するため勝手に請求することはありません。

問い合わせ